底辺ネットライターが思うこと

思うことをひたすら書くだけ

広くて狭くて見えて見えない

ありがたいことに、毎日文章を書かせていただいている。 知らないことを知って書こうと知識を詰め込むと、脳がゆだるような熱を持つ。その熱はじっとしていたらどんどんと上がっていくから体を動かさないといけないのだけれど、そうしている間は文章を書けな…

とげとげ好き

「私はPTSDです」とリアルの世界で軽々しく言い触らすようになって、大体5か月ぐらい経つ。 このブログで使うような、隠さなければ生きていけないと思っていたとげとげしい物言いや人格が、ぽろぽろと実生活でこぼれるようになった。 逆に、ブログで書く文章…

憂鬱

仕事はとても楽しいけれど、確定申告は憂鬱だ。 友達付き合いは楽しいけれど、恋とか愛とか嫉妬とかは憂鬱だ。 どれもこれも、合っている自信を持てるものは楽しくて、持てないものは憂鬱だ。不安に打ち勝つことはできても、楽しむことはできないし、それに…

幸福の泉

ふくろうを助けた。 私が居酒屋のカウンターで食事をしていると、少し離れた右手前辺りにあるボックス席から人の視線を感じた。そちらを見ると、昨年まで関わっていた組織に属する方おふたりで、こちらを見てせせら笑っていた。そのふたりは、私のことをとて…

変な男性にしか好かれない現象に苦しんでいる女性に伝えたいこと

news.livedoor.com この悩み、とてもよくわかる。 これまで生きてきて、変な男性に好かれて刑法違反なことをされたことは、1回や2回ではない。被害届は計3回。出していない被害は、数えてない。被害と呼べないレベル(刑法に照らし合わせたら間違いなく被害…

最近リピートして聴いている「怒りの歌」3

「こどものうた」高橋優 www.youtube.com 「明日はきっといい日になる」の印象しかなかったので、この曲を聞いて衝撃を受けた。とりあえず1分30秒までは何も言わずに聴いてみてほしい。 「FIRE GROUND」Official髭男dism www.youtube.com 「歴史のストーカー…

不幸になれない仕事

www.maskednishioka.com 「お金以外のモノ」が欲しくて今の仕事をしている私にとって、すごく色々考えたこのブログ。 otonanswer.jp 上のブログ記事で紹介されているこの記事では、「お客さまからの「ありがとう」」が「お金以外のモノ」されている。 www.da…

幸福論

ステレオタイプの幸福論が蔓延して、それに従えなければおかしな人間だとレッテルが貼られる世の中で、私は今、おかしな人間であることを認めることで幸福になれた。 「快楽は『不幸の瞬間的な停止』でしかない」と、最近、本で読んだ。 快楽という部品で不…

憧れと執着

三が日はとうに過ぎましたが、新年、あけましておめでとうございます。 2016年から始めたこのブログ。あの頃は怒りと悲しみと悔しさだけをその腹に蓄えて、それでも「私は世界を変えることのできないちっぽけな人間だから」と夫の庇護に依存して愚痴を垂れ流…

暗黙の恐怖政治の傍観と報道

今日は8時間ほど、休憩を挟まずにずっと友人と話をしていた。 夕方から別の知人と会う約束が入ったので、昼から家でお茶をしようと約束していた友人を朝から呼び出した。友人到着5分前に、知人から「明日にしてください」と予定変更願いの連絡が来た。朝の10…

メリークリスマス@2018

メリークリスマスの「メリー」には、「ゆかいな」とか、そういう意味があるらしい。 年末、友人が泊まりに来る際に「テレビがなければ」ということで、テレビを設置した。別の友人がいらないテレビをくれると言っていたのを伸ばし伸ばしにしていて、ようやっ…

変わる社会と変わらない社会と変えていきたい未来と

writer.hateblo.jp こういう仕事はまだまだあるのだな、とこちらの記事で知った。 SEO用のブログに流し込むためだけの記事。オリジナルテキストで文字数が稼げればそれでいい。普段からパソコンを使っている人であれば、新しく内職の仕事を覚えるよりも手軽…

良い人

www.teihen-writer.net こういうだらだらとした日常のこと(と言えるのかどうかわからないけれど)をブログに書き始めて、思うのは、「良い人って本当に良い人だな」ということ。 私がブログを始めたきっかけは、たくさんの人に読んでもらって褒めてもらえた…

「男性を紹介してもらう」という人生初イベントの感想

www.teihen-writer.net そんなこんなで、男性を紹介してもらうというイベントを体験してきた。 ここひと月、ふた月の間で、色々な人から、「イイ女として生きる」「女を楽しむ」ということを人から語られることが多くあり、感銘を受けることが多かった。「“…

私はレイプされても彼女と同じことを言い続けている

ふと、「はるかぜちゃん」こと春名風花さんのツイートが目に留まった。 どちらにせよ、「加害者が男性だった」と言うことで、「男性は悪人、女性は善人」という決めつけをすることは、ぼくはまったく意味の無いことだと考えています。もちろんイヤな目にあっ…

「男性を紹介してもらう」という人生初イベントを経験した

どんな痛い目に遭わされても、「二度と男性とお付き合いするものか」と、今の私は思わない。 そう思っていた時期もある。「男性」という性質そのものに憎しみと恐れを抱いていた時期が。けれど、ずっとずっとそうした思いを抱えながら生きてきて、「悪いのは…

悪化の迷路とひどくなる発作

一昨日の昼前、11時過ぎぐらいだろうか。それぐらいからPTSDの発作が始まって、12時半頃、ようやっと治まった。 文章を書く仕事をする、ということは、私がやりたいことなのだけれど、自営業である、ということは、私が生きていくうえで貫かなければならない…

アロマティカスとカランコエと美味しいと思える食事と

アロマティカスと、カランコエの株を買った。 昔は、土いじりなんて嫌いだった。家に花を飾ったり、草を育てたりする人の気が知れなかった。喋りもしなければ寄り添ってくれもしないし食えもしない、そんな植物に愛を注いで何になるのだと思っていた。花は造…

独りの夜、輝く夜

独り暮らしを始めてからというもの、以前にも増して気が狂ったように文章を書いている。 狂ったように、ではなくて、狂っているのか。ははは。 ずっと前から知ってはいたけれど、文章を書けば書くほど自らと世間の「ずれ」に気付くもので、私はよっぽど普通…

独り立ち

独り暮らしを始めた。 生まれて初めての独り暮らし。あれが面倒だこれが面倒だともっと騒ぐ羽目になるかと思っていたけれど、驚くほど快適な生活が送れている。私にとって、家族がいるという煩わしさの方が、家事をする煩わしさよりも上回っていた。掃除も、…

暑い

夏が来たということを突き付けるような暑さが続く毎日、元気でお過ごしでしょうか。 私はというと、あっという間に汗で体の至るところがかぶれています。痒いだけでも辛いのに、痛い。生まれついてこうした肌質なのですが、きっと、前世で余程悪いことをした…

やる気スイッチ

やる気なんてものは存在しないらしい。 r25.jp 「やる気」という言葉は、「やる気」のない人間によって創作された虚構なんですよ。 人間は言葉が発達したことで、行動の結果にしかすぎないものに対して「やる気」なんて言葉をつくってしまった。それに翻弄さ…

This is me

「ビジネスのためにブログを始めました」 「ライティングのこと教えてください」 という人が周りに増えた。 「毎日更新しているんです」と、聞くと、私ももう少し日々のことを更新しようかなという気になった。 ということで、どうでも良い日常的な思うこと…

この社会を巡り続ける人的な理不尽とそれを循環させるストレス

今、右手の一部が麻痺していてうまく動かない。 文章仕事の休憩に趣味の文章を書く、ということをしていたら、指の神経がやられた。文章を愛し過ぎたゆえの損傷に、私は心から喜んだ。そうそう努力が認められない世の中で、物質が私の努力を認めたのだから、…

飴が砕けて飴つぶて

先日、友人宅に泊まらせてもらった。 とても仲の良い友人で、ぐだぐだと話したり、DVDを観たり、漫画を読んだりなど、とても有意義に過ごさせていただいた。あまりにも楽しくて二連泊してしまったほど。 「この漫画の主人公があなたに似ている」と言われ…

複雑性PTSDとドーパミン

私はPTSDだ。恐らく、複雑性の方。 複合的な心的外傷後ストレス障害 (C-PTSD) は、暴行、性的虐待、家庭内暴力、拷問及び戦争のような長期の対人関係の外傷に起因する臨床上で認識された病気である。 複雑性PTSD - Wikipedia 恐らく、というのは、きちんと診…

底辺ダイバー

最近、体を鍛えている。 事の始まりは、キーボードを打っている最中に手が疲労し始めて「もう書けないよ~」となったことだった。 「底辺さん!新しい腕よ!」と投げてくれる相棒がいないため、ずっと書き続けられるように、ストレッチゴムを持って毎朝のウ…

2017年も、もうすぐ終わります。

色々あった年だった。色々なかった年なんて、生きてきてほとんどないのだけれど。強いて言えば、結婚してから三年間ぐらい。 けれど、2017年の「色々」は、全て私にとってプラスに働いた。去年の今からは想像できなかった場所に、今、居る。 しんどい思いも…

わたしが思う『記事の質』と『全体像(記事構成)の考え方』

以前、記事の質について少しだけブログを書きました。 www.teihen-writer.net ここに書いていることに加えて、最近思ったことがあります。 記事の全体像が誰も見えていない記事は質が低くなる 何を言っているのかと思われるかもしれません。 「文章が書ける…

生きるは恥だが死ぬは罪

文章を書くのが趣味で、文章を仕事にしていると、文章の息抜きに文章を書くという状態に陥る。果たしてこれは息抜きになっているのだろうかと少し考えるけれど、実際に息抜きになっているという実感があるので、息抜きなのだろうと思う。 何故か、仕事の為の…