底辺ネットライターが思うこと

思うことをひたすら書くだけ

ツイッターアカウントとメールアドレスとブログデザイン

ツイッターアカウントを作りました。

twitter.com

メールアドレスも作りました。

 

 teihen.writer@gmail.com

(@は全角文字に変えてあります)

 

私の身辺整理の目途がつき、このブログのバブルも弾けたように思うので、これからは「ライターの仕事を求めるいちブロガー」としてやっていく所存です。これを機に、ブログデザインも変更しました。

以前、ライターの仕事に関してコメントをくださった方、もしまだ私に興味を持ってくださっているのであれば、ぜひご連絡ください。

そうでない方も、来る者拒まずのツイッターアカウントでございます。(ただし、あまりに酷い手斧を投げてくる方は拒む可能性があります)
フォローバックしたりリプライしたりと、ツイッターアカウントとして楽しんでいければと考えております。

ただ、基本的にパソコンからのログインになりますので、反応が鈍いかもしれません。ご了承ください。

今は「底辺ネットライター」という名前でやっていますが、近々名前を変える予定です。

というのも、コメントなどを下さる方が、私のことを「底辺ネットライターさん」「底辺ネットライター様」と呼んでくださるのだが、正直、ものすごく言い辛いのではないかと気にしている。長いので、いつか省略して「底辺さん」と呼ばれるのではないだろうかと危惧もある。底辺であることは自覚しているが、やはり人から「底辺」と言われると、一瞬、胸がちくりとする。なんてわがままな女だろうと自覚している。どうでもいいけれど、「底辺さん」と書いた時、なぜか「リセットさん」を思い出した。語呂が似ているからだろうか。

ちなみに「リセットさん」とは、ゲーム「どうぶつのもり」で出てくるキャラクター。セーブをせずに電源を落とすと、次にゲームを始めた時に出てきて、セーブしなかったことをものすごく怒るモグラだ。非現実の中に生きる現実に、私はそれなりに恐怖を覚えた記憶がある。

それはさておき、人に対して「底辺」という言葉を使うことなんて、そうそうない。なかなか言えない。そういう意味では私に対してであれば「底辺」という言葉を投げつけても「まぁ、自分で名乗っているしな」ということで片付けられるので、ガス抜きにはなるのかもしれない。

ただこんなことでガス抜きしたいという人もそうそういないだろう。なので、近々自分の「ライターネーム」というものを作ろうと思う。

ライターネームができるまでは、「底辺」と呼んでいただいて一向に構いません。

このブログの1記事目でいただいたコメントで

昨日増田に書いた底辺ネットライターの私です - 底辺ネットライターが思うこと

沼、沼、と沼を気に入っておられるようですので、ペンネームは”底沼カキコ”さんでいいんじゃないですか?ちなみにワタクシはイケヌマと言います。以後、よろしく。

2016/05/26 17:52

b.hatena.ne.jp

といただいたのを強烈に覚えていて、これに心惹かれている。

確かに私は「沼」という言葉が好きだ。アニメ「逆境無頼カイジ」の中にある「沼・・・!」というナレーションも強烈に好きだ。頭の中で「沼」を思い浮かべる時、「沼・・・!」と頭の中で誰かが叫んでいるような気がする。

カイジの「沼」について説明すると長くなるので、省略する。

このままそのままそっくりこの名前に、ということにはしないつもりだけれど、名前の中に「底」と「沼」を入れるのは必須だろうと思案している最中だ。

この「ブックマークコメントのリンクを貼る」という行為は、このブログを始めてから私を見守ってくださっている(と言っていいのだろうか)方が、ブログ内でこうしているのを見て、真似してみた。初めて「ブックマークコメントにもリンクがあるのだ」と知った。私のはてな知識は偏っているので、意外と基本的なことも知らなかったりする。