読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺ネットライターが思うこと

思うことをひたすら書くだけ

偏見のコレクションをぶち壊す

私には尊敬している有名人がいる。

文章を書くのが好きだというと、文豪や流行りの小説家ではないかと思われるだろう。しかし、私はどちらかというと、自分と真逆のことをしている、できる人を尊敬する傾向がある。昔は志村けんさんを尊敬する人の欄に書いていた。

私が今一番尊敬している人は、手越祐也さんだ。

こう言うと、大体「は?」と言われる。好きな異性のタイプとか、追っかけをしているアイドルが手越さんではなく、尊敬している人が手越さん?と、なる。

「かっこいいから好き」というわけではない。容姿だけの話をすると別に好みではない。どちらかというと、同じNEWSのメンバーなら小山さんの方がクワズイモに似ていて好きだ。(クワズイモは私が大好きな観葉植物)

ジャニーズのことなんて普段話題にしないし、実際にジャニーズそのものが好きというわけではない。最近のSMAP解散報道を見ていても、「一生に一回ぐらいSMAP生で見たいっていうお母さんの夢、叶えられなかったな…」ぐらいにしか思わなかった。

手越さんが「フライデーに連載を持っている」と言われているほどやんちゃなことも知っている。ものすごくチャラいことも承知している。それも含めて、私は彼はアイドルとしてすごいと思う。プロだと思う。

最初に手越さんがすごいと思って追いかけるようになったのは、ジャニーズファンの友人から見せてもらったミュージックビデオのメイキングだった。

メイキングなんて見ても面白くないだろうな、と思いながらぼんやりと眺めていた。

友人が言う。「てごにゃんはいつカメラに抜かれても大丈夫なようにしている!」

「へー」と思いながら、それを踏まえてメイキングを見た。驚いた。

本当に、自分が撮影されていない時でも「アイドル顔」「アイドルポーズ」をしている。他のメンバーは「自分が映されてないな」と思っている時は、思っているだろうなという顔をする。手越さんだけは、しなかった。

表情を、ポーズを、崩さない。どこからカメラで撮ってもアイドルらしいのワンショットになるだろう。彼のプロ根性に、私は心底感心した。

それからというもの、彼が出演するテレビ番組をちょくちょく見るようになった。じっくり観察してみるようになると、彼のアイドルとしてのすごさを余計思い知らされる。人をどうすれば楽しませられるのかを体で覚えていると言えばいいのか、どんな場面も彼がいれば大体面白くまとまる。

わざわざ録画までして見ているのがNEWSが取り仕切るバラエティ番組『変ラボ』だ。毎回、メンバーの1人が何かにチャレンジするという内容の番組。

全般的に面白いと思うけれど、手越さんの回だけ飛び抜けて面白い。

バラエティ慣れしている進行のテンポの良さ、リアクションの良さ、身体能力の高さ、メンタルの強さ。どれを取ってもひたすら感心するしかない。あまりものメンタルの強さに、番組中で彼は「メンタルモンスター」と呼ばれていたが、頷くしかなかったし、尊敬するしかなかった。私も彼と同じぐらい強いメンタルを持ちたいと願う。

あまりにも面白いので夫にも見せた。そしたら、手越さんが主役の回にだけ見事ハマった。「もう録画のストックないの?」とせがまれるぐらいだ。それ以来、テレビに手越さんが出ていると走って私を呼びに来る。

余談だが、増田さん(匿名ダイアリーではない)は作った「まっすーお兄さんの歌」は夫のトラウマとなり、夢に出てくるらしい。

www.youtube.com

「子どもを泣き止ませる」という趣旨で作られた動画らしいけれど、うちの夫を泣かせることになったとは知る由もないだろう。

そもそも私は高校を卒業するまでジャニーズという存在自体が嫌いだった。アイドルという存在が嫌いだった。

ちゃらちゃらしてへらへらして、そんなやつらをちやほやするやつらもやつらだ。と思っていた。

けれど、高校を卒業する少し前ぐらいにこんな言葉を聞いた。

「常識とは18歳までに揃えた偏見のコレクションである」(アインシュタイン)

私はショックだった。

思い直してみれば、なぜ「ちゃらちゃら」「へらへら」するのが悪いことなのか、「ちやほや」することがどうしていけないことなのか、何も説明できなかった。

ちゃらちゃらへらへらしてたって真面目に仕事をしているアイドルはいるし、ちやほやすることはただの愛情や憧れという感情のひとつなのだし、何も悪いことはない。

なのに、なぜ私はこれまでそれを否定してきたのだろう。私は自分のあらゆる常識や普段の感情を改めた。これまで否定してきたあらゆるものを知りたいと思った。

実際に首を突っ込んでみると、ほとんどが面白いことばかりだ。楽しむコツは、それを趣味にしている友人のスケジュールに隙を見て乗っかること。楽しみ方から知識までいろんなことを教えてもらえる。

偏見のコレクションを心の本棚に揃えて並べることは、とてもきちんとしているようで気持ちがいい。けれど、その本棚が壁になって見えなくなることもある。たまにはぶち壊してもいいんじゃないか、と私は思う。

今回も、ジャニーズに興味のなかった私がジャニーズ好きの友人に付き合ってDVDを見る、ということをしなければ、手越さんを尊敬することは永遠になかっただろう。

この世の中は興味のないことにこそ面白みが溢れている。

もし今度手越さんを見たらチェックしてみてください。24時間テレビの宣伝ではありません。