底辺ネットライターが思うこと

思うことをひたすら書くだけ

ライターを雇うことになりました

仕事がさばき切れない。なんて贅沢な言葉なんだろう。

せっかく書き始めた小説が、仕事に押されてなかなか進まない。ようやく、半分ぐらい。今月末までに全部書きたいのに、悔しい。

けれど、書いていてとても楽しい。ライター記事も、小説も。一昨年ぐらいに書いた小説は、自分でもごみだと思った。今書いている小説は、人に見て貰いたくて、友人にモニターのようなことをお願いしたりしている。骨のある意見を貰えるということは、それなりにできているということなのだと思えて、嬉しい。

こんなにもクリアな気持ちでもう一度文章と対峙できる日が来るとは、去年の私は、露ほども思っていなかった。

去年の自分に聞かせてやりたいと思いつつ、こんなことを聞いたらさぼってしまうだろうから、絶対に聞かせてやりたくない。

立ち位置としては、ライティングディレクターという形になる。人に言われて「そうなのか」ということで、名付けた。名刺も丁度切れたので、その肩書も追加して先ほど注文した。少し、照れた。

とは言っても、何かを新しく学ぶということはなく、ただ単に今までやっていたことに名前を付けただけだったりする。

雑多としたものをひとまとめにして名前を付けるだけで、輪郭がついてそれらしくなるものだなぁと思った。

きっかけとしては、まずは本当に仕事がさばき切れなかったこと。

その時、私がライターの道に引きずり込んだ友人を二名ほど、また引きずり込んだこと。

このチームが高評価な記事をスピーディーに生産できるチームであるということを客観的にご評価いただけたこと。

で、チームを拡大しようという運びになったのが、事の始まり。

私一人がライターとして楽しいのもいい。一人だけの仕事として、さばき切れない分をお断りするのもありだと思う。

今は本当に楽しい仕事ばかりで、どんどん知識が増えていって、「おじいちゃんみたいですね」とよく言われる。せめておばあちゃんでお願いしたい。

けれど、きちんと志しを共にして、誠実な記事を書いていけるライターと手が組めればと思った。今私が継続している仕事は単価もよく、コンスタントにいただけて、ブラックアフィリエイトみたいなこともしなくていい。

この仕事を手放すよりも、そういうライターと一緒に仕事を分かち合えればいいと、空想してしまった。そうすれば、インターネットの海はもっと早くきれいになるとも。

きれいなインターネットの海で泳ぐのが、今の私の夢の一つ。

馬鹿馬鹿しい綺麗事だと思う。けど、馬鹿馬鹿しい綺麗事でいい。綺麗事なんてと嘆くより、綺麗事ばかりと嘲笑される方が、私はずっと幸せだ。

きれいな海には、美しい熱帯魚も居れば、恐ろしい肉食魚や、未知の深海魚だっているだろう。そんな海を、私は泳ぎたい。

一緒に手を組むライターさんは、できれば対面でお話しながら講習など行いたいので、普通に求人募集を出しました。人生初の求人募集は淡々と行われ、皆が驚いた顔をしていた。

一番驚いているのは私です。

企業の勤め人という形ではなく、個人事業主から一歩足を出した感じです。

プレッシャーには強いのですが、数字に弱いので、そっち方面がこれから大変かもしれません。

これからも頑張っていきたいと思います。